会社沿革
Company History
昭和21年 柿崎町法音寺にて有間鉄工所を創業
昭和23年 柿崎町大字柿崎7147番地にて三星工業株式会社を設立(資本金20万円)
昭和38年 工場拡張のため現在地に移転
昭和45年 柏崎市扇町73番地に柏崎工場を新築し作業を開始
昭和48年 東頚城郡浦川原村大字中猪子田に浦川原工場を新築し作業を開始
昭和49年 柏崎工場を三星精工株式会社として分離独立
昭和53年 仕上工場を増築し機械組立部門の拡張を行う(資本金3,200万円)
平成 3年 浦川原工場を浦川原村工業団地内に新築移転し浦川原テクノセンターに名称変更
設計に機械CAD・電気CADを導入
平成 7年 組立工場新築・精密組立室完成
平成14年 ISO9001認証取得(浦川原テクノセンター)
平成16年 ISO14001認証取得(全社)
精密部品製作恒温工場新築
平成18年 第2組立工場新築
平成19年 3事業部体制の確立
平成20年 関連会社 三星精工を事業統合
機械加工工場を増改築
平成23年 溶接工場新築(現在の開発工場)
平成24年 JISQ9100認証取得(浦川原テクノセンター)
真空ミキサー・ハイローターシリーズ商品化
平成27年 浦川原テクノセンター第2工場新築